加圧で痩せるダイエット方法で美肌に!

2018年07月25日

加圧で痩せるダイエット方法で美肌に!



加圧で痩せるダイエット方法がアンチエイジングや美肌に良いことをご存知ですか?

筋トレの際に、筋肉に圧力をかけるという加圧ダイエットで、体重の減少を目指しているという人が多くなっています。
これが加圧トレーニングによるダイエットです。

加圧しながら運動をする女性

加圧によって筋肉を活性化させて運動の効率を上げて、通常の運動よりも、たくさんの筋肉を増やすことを目的としています。

筋肉を刺激することと、ダイエットは一見関わりがないように見えますが、筋肉を鍛えるか、そうでないかは、ダイエットの効果を大きく変えます。

筋肉量を上げることで体の代謝がよくなり、同じ運動をしていたとしても、消費されるカロリー量がアップします。
消費カロリー量が上がれば、結果的に痩せやすい体になるので、ダイエット効果の出やすい体質になるのです。

ダイエットを目指す人の多くが加圧トレーニングをするのは、加圧状態での運動はより筋肉を強化できるからだといいます。

専用のベルトを、腕や足の筋肉など、圧を加えたい部位につけて、運動をするという方法になります。
一時的に血液を滞留させて運動を行うことで、ベルトを外したときに血流の勢いがよくなり、毛細血管の隅々にまで血液を循環させます。

加圧ダイエットの方法を調べる女性

加圧ダイエットは、ホルモンの活動も活発にする効果があるといいます。
筋力を高めるだけでなく、アンチエイジングや美肌になる方法として有効です。

加圧ダイエットで注意すべき点は、トレーニングの仕方や時間が第一に挙げられ、ただただ圧を加えながらトレーニングすることは痩せることにはつながりません。

正しい知識のもと必要条件を満たしながら行わなければ、ダイエットの効果を得ることが出来ないようです。
適切な方法に基づいて行わなければ体にいいことはありませんので、加圧ダイエットをする時は、専門家のアドバイスをきちんと受けましょう。

加圧ダイエットの効果

2018年07月25日

加圧ダイエットの効果



加圧ダイエットは、数あるダイエット方法の中でも、様々な人が熱心に取り組んでいる優れた方法です。
加圧ダイエットは、専用のベルトで体を締め付けながら運動を行います。

圧迫されている筋肉を強引に動かして運動を行うことによって、筋肉量を増加を促進することが、加圧ダイエットの主眼です。

加圧ダイエットをする女性

筋肉が増えればエネルギー消費量がアップして、脂肪が燃焼しやすい体質になる効果があり、痩せやすいからだになります。

運動によるダイエット方法であるので、健康的に痩せられるのはもちろんのこと、リバウンドの心配が無いのも人気の理由となっています。

ベルトによって血流を停滞させていた部分は、運動後にベルトを外すことで、勢いよく流れます。
固くなった血管をしなやかな状態に戻すには、血液の流れを調節して、要所要所に栄養や酸素が行くよう促すことです。

これまで以上にからだ全体に酸素や必要な栄養成分が行き渡るようになるので、肌ツヤがよくなるといった美容効果も期待できます。

肌のツヤが出てきた女性

人体は、圧迫することで血液の量が減り、体を動かすことで、乳酸の濃度が高くなるという作用があります。
高濃度に溜まった乳酸は、一気に流れると成長ホルモンの分泌を促進します。

成長ホルモンは加齢とともに減少するため、加圧ダイエットにはアンチエイジング効果もあります。
加圧ダイエットを行うことで、痩身効果のほか、年をとっても若々しく、きれいなお肌でいられるわけです。

短期間で激やせできるダイエット

2018年07月05日

短期間で激やせできるダイエット



短期間で激やせできるダイエットとは、どんな方法でしょうか?
体がダイエットできれば顔もスリムになれます。

そうすれば、ほうれい線なども目立ちにくくなります。
また、ファッションを楽しむチャンスも増えます。

ファッションを楽しむ女性

露出度の高い服を着るには、プロポーションがよくないからと、体のラインがわからない服しか着られないという女性は多いようです。

何よりも、自分の好きな洋服を自由に着ることができないといったストレスを抱えている女性もいることでしょう。

誰でもできる簡単な激やせダイエット方法を紹介しているメディアコンテンツもありますが、一体どの方法がいいか、情報量が多くてわからなくなります。

どのダイエット法がよいかわからない女性

短期間のうちに必ず痩せられるダイエット方法は、運動による方法が一番効果があるといっても過言ではないでしょう。アンチエイジングにも良い方法ですし、お肌のエイジングケアにもなりますね。

摂取するエネルギーよりも消費するエネルギーが多ければ、必ず体重が減るという考えは間違いではありません。

ダイエットはしたいけれども、運動はしたくないという人もいますが、それほどハードな運動ではなくても、近所の散歩からやってみるといいでしょう。

最初のうちは、運動をする習慣を身につけることを意識して行いましょう。
体がなれてきた頃を見計らって運動量を増やすなどしていけば、ダイエットを続けることができます。

運動で汗を流す女性

ダイエットに成功するためには、自分が無理なく出来るダイエット方法を見つけることが大切です。
体を動かすことを習慣にすることによって、筋肉の量が増え、代謝が高くなり、ダイエットに適した体質をつくることが可能です。

体の代謝量が増えれば、おなじ運動をしたとしても消費されるエネルギー量が増加するので、ダイエット効果が高くなります。

病的な激やせではなく、余分な脂肪を燃焼して全体的にメリハリが出てくるので、引き締まったからだを手に入れることができるのです。

ダイエットが成功すれば、激やせ効果が得られるだけでなく、引き締まった魅力的なプロポーションになることができます。

顔のくすみの原因と対策

2018年07月04日

顔のくすみの原因と対策



顔のくすみは、肌の透明感や明るさが失われて、顔が暗く見える状態です。
顔のくすみは、元気がなく見える上に、が肌の柔軟性が失われて表情が硬く見えます。

また、実年齢より老けて見えてしまうこともありますよね。
こうした顔のくすみは、30代以上のエイジングサインの1つでもあるのです。

くすみに悩む女性


1.顔のくすみの原因



顔のくすみが目立つ原因は何でしょうか?
5つの原因が考えられます。

1)角質肥厚によるくすみ



古い角質が肌に蓄積されて厚く重なるくすみが、角質肥厚(かくしつひこう)によるくすみです。
古いメラニンで顔が灰色がかって見えます。

2)乾燥肌によるくすみ



乾燥肌はさまざまな肌悩みの原因ですが、顔のくすみの原因になります。
肌が乾燥すると肌内部の水分の蒸発を防ぐために角質層が厚くなるのです。
先ほどの角質肥厚も実は、乾燥肌が原因であることが多いのです。

乾燥肌の女性

3)血行不良によるくすみ



貧血や冷え性・顔冷えで顔の血流・血行が悪化して、顔色が青っぽく見えるくすみです。
目の下の青クマも同じ原因です。

4)メラニンによるくすみ



紫外線ダメージやクレンジング・洗顔による摩擦で、メラニンが活発化します。
ターンオーバーの乱れなどでメラニンがうまく排出されずに肌に蓄積するくすみです。

茶黒っぽくくすみ、暗い印象になるのがメラニンによるくすみです。
シミの原因になってしまいます。

5)糖化による黄ぐすみ



黄ぐすみは、糖化で起こります。
糖化は糖質とタンパク質が結びつくことにより、起こります。

焼き物、炭水化物や砂糖などに含まれる糖質を過剰になると黄ぐすみが目立ちます。

2.顔のくすみの対策



まずは、ターンオーバーを正常化するために保湿をしっかり行うことが大切です。
保湿力の高いエイジングケア化粧品でしっかり潤わせましょう。

保湿化粧品のイメージ

また、クレンジングや洗顔を正しく行うことも大切です。
さらに、食べ物も大切です。

くすみを改善する食べ物は、血液を作ったり血液をサラサラにすることで血行を促進する食べ物、また、体を温めて血行を促進する食べ物がオススメです。

ビタミンAやビタミンB2、ビタミンC、ビタミンEを含む食べ物をしっかり取りましょう。

ビタミンCのアンチエイジングやエイジングケアへの効果

2018年06月26日

ビタミンCのアンチエイジングやエイジングケアへの効果



今回は、ビタミンCの研究について。
ビタミンC誘導体は、化粧品でもよく使われる成分です。

なぜなら、ビタミンCと言えば、アンチエイジングやエイジングケアで大切な成分だからです。
エイジングケアやスキンケアで美しくなるには、この成分が大きな役割を果たします。

ビタミンCのイメージ

今回は、「ビタミンC」に関連する研究報告の内容を紹介します。報告の内容を紹介します。

防衛医大の研究チームが、事故や災害などで高い放射線量に被曝(ひばく)した際に起こる骨髄損傷などの放射線障害について、大量のビタミンCを直ちに投与することで大幅に軽減できたとする研究報告の論文が、2月5日に米国の科学誌「プロスワン」(電子版)に掲載されました。

まず、致死量である7.5シーベルトの高い量の放射線をマウス30匹の全身に照射しました。

その後、

@15匹に直後に体重1キログラムあたり3グラムのビタミンCを腹部に注射
A残り15匹には何もしなかった。

の2つの群で比較しました。

実験の結果を確認する女性

@の群では、骨髄の急性障害が軽くなり、15匹中14匹が2カ月間生き延びました。また、24時間後に注射した場合も大半が生存したそうです。さらに、直後と24時間後に半分ずつ注射しても効果があった。
Aの群では、15匹のうち8匹は、骨髄細胞が死滅して1〜2週間で死んでしまいました。

放射線を全身に浴びることで、体内に活性酸素が発生します。それが大量になると、活性酸素も大量に発生し、細胞膜や遺伝子などに大きなダメージを与え、その結果、骨髄や腸管などの臓器までも損傷させてしまいます。

今回の研究では、活性酸素を抑える抗酸化作用を持つビタミンCに着目し、その活性酸素を抑制する効果を探ったものです。

研究者は、「今後、人体への取り入れ方を改良していけば、身近なビタミンCが新しい放射線防護剤になるかもしれない。」と語ったそうです。

研究者の女性

ビタミンCの抗酸化作用は、良く知られていますし、このメールマガジンでも紫外線による活性酸素を抑えるために、有用であることをお伝えしてきました。

コラーゲンも増やすのでアンチエイジングやエイジングケアにとても大切です。
※学会や論文の情報に基づき、情報を要約してお知らせしますが、必ずしも有効性や効果、安全性などを保証するものではありません。

< 1 2 3 4 5 >
プロフィール
管理者:素肌も体も健やかエイジングケアネット

2019年 04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
リンク集