エイジングケアに大切な油溶性ビタミンC誘導体

2017年01月04日
お肌のエイジングケアと化粧品を考える上で、エイジングケア化粧品の成分を知ることはとても大切です。


そこで、実はあまり知られていないエイジングケア化粧品成分のご紹介。
油溶性のビタミンC誘導体について。

ビタミンCというと水溶性のビタミンです。

つまり、水になじみやすいのです。

だから、ビタミンCと言えば、化粧水や美容液のイメージが強いのではないでしょうか?
実際そのとおりです。

しかし、実はビタミンC誘導体には油溶性のものもあるのです。
それが今回、ご紹介するテトラヘキシルデカン酸アスコルビル、略称「VCIP」です。

ビタミンC誘導体のエイジングケアにとって良いはたらきを整理すると

•美白効果によるシミやくすみの改善

•抗炎症作用によるニキビの予防・改善効果

•皮脂のコントロールによる毛穴の引き締め・詰まり改善効果

•抗酸化作用によるお肌の紫外線ダメージなどのケア

•肌のコラーゲンを増やす作用による小じわなどの改善

などがあげられます。

もちろん、VCIPにも同じはたらきがあります。

では、水溶性のビタミンC誘導体と油溶性のビタミンC誘導体では何がどう違うのでしょうか?

まず、水溶性のビタミンC誘導体は、主にエイジングケア化粧水やエイジングケア美容液で使われます。

一方、油溶性のビタミンC誘導体は、主に保湿クリームで使われます。

では、その特性はどう違うのでしょうか?

即効性では、水溶性が優れています。

しかし、刺激の少なさや持続性ではVCIPが優れています。

また、VCIPは浸透性も高く安全性も高いのです。

欠点としては、べたつくことです。

ビタミンCは使いたいけど、化粧水では刺激が強くて使えない
敏感肌だけでビタミンCは使いたい

などと思った場合は、エイジングケアのためにVCIP配合の保湿クリームを選択することも良い方法です。

そんなVCIPを配合したオススメのエイジングケア保湿クリームが、ナールスユニバ。

敏感肌やインナードライ肌の方に使っていただけます。

ここで、少し面白いお話。

色んなビタミンCがありますが、何が違うかというと「誘導体」になったときにくっ付いた成分です。

ご覧のように、左は水溶性のビタミンC誘導体、真ん中が油溶性ビタミンC誘導体、そして右側が、最近できた両親性にビタミンC誘導体です。

誘導体を工夫することで、浸透性や刺激などを工夫できますが、ビタミンCはビタミンCです。

VCIPについて、詳しくは、エイジングケアアカデミーにアクセスして、「テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは、油溶性ビタミンC」をご覧くださいね。

ナールスエイジングケアアカデミー「動画でワンポイントエイジングケア」の「VCIP」のコーナーでした。

アミティーザの効果と副作用って?

2016年12月12日
アミティーザは2012年に、慢性便秘症を改善する新しい作用を持つお薬として、マイランEPD合同会社から発売された医療用医薬品です。
正式名称は、「アミティーザカプセル24µg」。1回1カプセル、1日2回、朝食後と夕食後に服用するお薬で、お医者さんで処方されます。




■アミティーザの便秘への効果



アミティーザの有効成分はルビプロストン。

これが小腸に作用して、ClC-2クロライドイオンチャネルを活性化させて、水分の分泌を増やすことで、消化物(便)を軟らかくして、排便をスムーズにさせるんです。


便秘には、「器質性」と「機能性」があって、器質性の便秘は、腸そのものに腫瘍などの病気があって、それが原因で起こるものをさします。機能性の便秘は、大腸の働きの異常が原因で起こるものです。
このアミティーザは、「機能性の便秘」にのみ、効果を発揮します。




■アミティーザってどんな副作用があるの?



アミティーザを服用しているときに、気をつけたい副作用とはどんなものでしょうか?


アミティーザを飲む際に起こりやすい主な副作用は吐き気と下痢です。下痢が起こったときは、アミティーザを飲む用量を減らすなどして、副作用を抑えるようにします。
吐き気があるときは、しばらく様子を見ても改善しないようであれば、アミティーザを減量したり、服用を中止することがあります。その他に、腹痛、息苦しさといった呼吸器系の症状がみられることもたまにあります。


アミティーザを服用後にこのような症状が見られたら、すぐにお医者さんや薬剤師さんに相談しましょう。




■アミティーザは他のお薬と一緒に飲めるんです



もし、お薬を処方してもらう際に別のお薬をすでに飲んでいたら、必ず、お医者さんや薬剤師さんに伝えてくださいね。

なぜかというと、お薬の中には、他のお薬と併用できなかったり、副作用がでたりするものがあるからです。

でも、このアミティーザは、他のお薬と一緒に飲むことが出来るんです。
他の病気でお薬を飲んでいる人は多いでしょうし、特に、色々とお薬を飲んでいる高齢者ではアミティーザは安心して飲んでいただけるお薬ですね。

でも、妊婦さんや妊娠の可能性がある方は、アミティーザの服用は禁忌なので、気をつけてくださいね。

エイジンクケア・エンジングケア化粧品について

2016年06月20日

エイジングケアとは・・・
エイジング(加齢)ケア(お手入れ)という意味になります。

20代前半のころは何もしなくて大丈夫だった肌も20代後半になるとしている人としていない人では
少しずつ差がついてきます。

加齢になると、シミやしわ、たるみ、ほうれい線、たくさんの肌悩みがでてきます。

そんなとき、エイジングケア化粧品を使い美肌を手に入れることも大切ですが、まずは原因を理解しましょう。


肌を老化させてしまう原因はさまざまありますが、
「外的要因」と「内的要因」があります。


外的要因は、乾燥、紫外線・酸化
内的要因は、ホルモンバランス・代謝不調・ストレス(疲労)・食事・生活リズム


<外的要因>
1、乾燥
肌の乾燥が続くと肌老化が促進する
肌が乾燥すると角層の水分量が減少し、反射量が低下して肌がくすんで見える
肌が硬くなり、手触りも悪く、化粧のりも悪くなる

2紫外線
老化の約80%が紫外線といわれている
紫外線はシミやソバカスだけではなく、ハリや弾力まで奪う
肌の水分が紫外線により、急激に奪われ、肌が乾きかさつき、くすみ、しわやたるみになる



3酸化
大気汚染、紫外線、ストレス、排気ガス、喫煙などから発生した
活性酸素がコラ−ゲン線維などに攻撃すると、ハリや弾力が低下する


<内的要因>
1ホルモンバランス
肌の弾力を保つコラ−ゲンを増やし、肌の水分を保持してくれる
卵胞ホルモンが30代から徐々に減少

2代謝不調
加齢とともに血管は硬くなり、血行が悪くなる
血行循環が悪くなると、肌に栄養が行かず、ハリや弾力の低下になる
3食事・生活リズム
不規則な食事は、体調不良や免疫の低下、肌状態を悪化させる
カフェインやお酒など適度ならいいが、神経興奮物質で中毒性があるので取りすぎるに注意
油分・糖分と取りすぎにも注意し、たんぱく質、ミネラル、ビタミンなどをとる


日常生活の中で、肌に多くの悪影響を与えています。
肌に悪影響を与えてしまう原因を理解し、対策を行います。

若返りの食事とアンチエイジング方法

2016年04月20日
多くの人が、加齢を感じさせない若々しい外見を維持したいと思っており、
アンチエイジングに強い関心を持っています。


しかし、年月が経てば人間は必ず年老いるものであり、
確実に若返りができる方法などは無いのも事実です。


ですが、健康的な食事や、生活リズムをキープすることで、
若返り効果をある程度は得ることができるようになります。
アンチエイジングを日頃から心がけている人といない人では、
年の取り方に大きな差が出てくるのは、容易に想像が出来ます。


若返りに必要な食事と言えば「まごこはやさしいよ」という言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。


体にいい食べ物として、豆類、ゴマ、米、ワカメ、野菜、魚、しいたけ、芋類、ヨーグルトの9種類を挙げているものです。「まごはやさしいよ」のそれぞれの食べ物が入っている食事を日々続けることで、
アンチエイジング効果があるというものです。

どの食品も健康や美容に良いものとして知られているものばかりなので、
アンチエイジングを目的としてなくても積極的に摂るべき食品です。
活性酸素は体を老いさせる原因になっている成分で、抗酸化成分の多い食事で減らすことができます。


また、美容のためには、たんぱく質や食物繊維が役立ちます。
体のためにはダメだと分かっていても、ついしてしまうのが食べ過ぎですが、
代謝するためにたくさんのエネルギーが使われてしまうため老化を促してしまいます。


アンチエイジングのためには、食事の量は適度な量でおさめるようにすることが重要です。
若返りのためにアンチエイジングをしたいという人は、たんぱく質の摂取量をふやしつつ、カロリーの摂り過ぎは抑えるようにしましょう。
< 1 2
プロフィール
管理者:素肌も体も健やかエイジングケアネット

2017年 03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
リンク集