2018年09月

肌荒れの改善をしよう!

2018年09月25日

肌荒れの改善をしよう!



顔や手足に発生する肌荒れ症状は、世の中のすべての女性を悩ませるといっても過言ではありません。

ニキビにはじまり、赤み、かゆみ、カサつきなどの肌荒れ症状は、普段の生活習慣や食事だけでなく、老化が原因でもあります。

そこで今回は、肌荒れの改善に向けた対策方法をご紹介します。

肌荒れに悩む老婆


1.肌荒れの改善には「エイジングケア」



どんなに若くても、私たちの肌は赤ん坊の頃から確実に老化しています。
つまり、1日過ぎるごとに皮膚が衰えていくわけです。

その過程でホルモンバランスの乱れや、ハリと弾力の低下による乾燥肌・くすみ・しわ・シミなどの症状がでてきます。

こうした肌荒れ症状を確実に改善するには、エイジングケアが必須です。
エイジングケアとは、“加齢によって老化した肌を美しく改善するためのお手入れ方法”。

有効成分として注目のビタミンC誘導体(APPS)をはじめ、肌の弾力アップに欠かせないコラーゲンなどが代表的なエイジングケア成分です。

これらをバランスよく配合した化粧水・美容液・乳液を使い、あなたの肌が必要としている成分を適材適所に塗布することで、健康的な皮膚へと改善されます。




2.体機能の異常による肌荒れは食生活で内側から改善



現代社会で生きる女性は、過度なストレスや偏食によって、胃や内蔵の機能が衰えている場合が多くみられます。

体機能が弱ると、その影響は肌の表面にも顕著にあらわれるので、ニキビや乾燥がひどくなることがあるのです。

このような経緯で起こる肌荒れ症状には、食生活の見直しが最適な改善策です。
体の内側から栄養補給を図り、健やかな皮膚の生成を促しましょう。

また、肌荒れ症状がでているときは、油っこいものやアルコール類の摂取を控えるべき。
胃や内蔵への負担を軽減することによって、日頃の化粧品の浸透率も格段に上がります。




3.肌荒れの最も多い原因は睡眠不足



月並みな原因の提示だと思う人もいるでしょう。
しかし、実際に睡眠の質が悪いせいで肌荒れを防げない女性はごまんといます。

睡眠不足が肌荒れの原因といっても、ただ寝る時間を6時間以上確保すればいいわけではありません。



肝心なのは、ターンオーバーサイクルに合わせて就寝すること。
つまり、夜22時〜2時の間は、確実にノンレム睡眠に入って熟睡していることがポイントなのです。

肌荒れの様々な原因を知るとともに、自分にとって必要な改善策を確実に実践しましょう。

プロフィール
管理者:素肌も体も健やかエイジングケアネット

<< 2018年 09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
リンク集