2018年06月

ビタミンCのアンチエイジングやエイジングケアへの効果

2018年06月26日

ビタミンCのアンチエイジングやエイジングケアへの効果



今回は、ビタミンCの研究について。
ビタミンC誘導体は、化粧品でもよく使われる成分です。

なぜなら、ビタミンCと言えば、アンチエイジングやエイジングケアで大切な成分だからです。
エイジングケアやスキンケアで美しくなるには、この成分が大きな役割を果たします。

ビタミンCのイメージ

今回は、「ビタミンC」に関連する研究報告の内容を紹介します。報告の内容を紹介します。

防衛医大の研究チームが、事故や災害などで高い放射線量に被曝(ひばく)した際に起こる骨髄損傷などの放射線障害について、大量のビタミンCを直ちに投与することで大幅に軽減できたとする研究報告の論文が、2月5日に米国の科学誌「プロスワン」(電子版)に掲載されました。

まず、致死量である7.5シーベルトの高い量の放射線をマウス30匹の全身に照射しました。

その後、

@15匹に直後に体重1キログラムあたり3グラムのビタミンCを腹部に注射
A残り15匹には何もしなかった。

の2つの群で比較しました。

実験の結果を確認する女性

@の群では、骨髄の急性障害が軽くなり、15匹中14匹が2カ月間生き延びました。また、24時間後に注射した場合も大半が生存したそうです。さらに、直後と24時間後に半分ずつ注射しても効果があった。
Aの群では、15匹のうち8匹は、骨髄細胞が死滅して1〜2週間で死んでしまいました。

放射線を全身に浴びることで、体内に活性酸素が発生します。それが大量になると、活性酸素も大量に発生し、細胞膜や遺伝子などに大きなダメージを与え、その結果、骨髄や腸管などの臓器までも損傷させてしまいます。

今回の研究では、活性酸素を抑える抗酸化作用を持つビタミンCに着目し、その活性酸素を抑制する効果を探ったものです。

研究者は、「今後、人体への取り入れ方を改良していけば、身近なビタミンCが新しい放射線防護剤になるかもしれない。」と語ったそうです。

研究者の女性

ビタミンCの抗酸化作用は、良く知られていますし、このメールマガジンでも紫外線による活性酸素を抑えるために、有用であることをお伝えしてきました。

コラーゲンも増やすのでアンチエイジングやエイジングケアにとても大切です。
※学会や論文の情報に基づき、情報を要約してお知らせしますが、必ずしも有効性や効果、安全性などを保証するものではありません。

プロフィール
管理者:素肌も体も健やかエイジングケアネット

<< 2018年 06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク集